令和の桃源郷

  むかし、日向の国の山奥に米良という小さな村があり、

そこに1人の猟師が住んでいました。

 ある日、猟師はこれまで来た事のない険しい山に足を踏

み入れてしまい、けもの道を奥へ奥へと進んで行くと、突

然視界が開け明るくなりました。そこは、猟師がこれまで

見たこともない美しい花で覆われた見事な山桜の気が一面

に広がって谷ばた近くの集落まで続き、花びらが風にひら

ひらと舞っています。猟師はその美しさに引き込まれ、集

落がよく見えるところまで下りて行きました。

 

 集落には、畑や田んぼ、そしてきれいな谷川も流れてい

ます。お年寄りが庭に座ってわらぞうりか何かを作ってい

るようです。子どもは、谷川で魚釣りをして本当に楽しそ

うです。「ここは一体どこだろう」

 猟師は集落まで下りて行き「ここはどこですか。あなた

たちはだれですか」と尋ねました。すると村人は丁寧な言

葉で「むかし、肥後の国に隈府というところがあり、そこ

に菊池という武将がいました。菊池は各地の戦で大きな手

柄を立てていましたが、ある日領内で争いがあり、武将は

肥後島原に逃れました。幼少の子どもは家臣に連れられ、

遠く日向の国の米良に落ち延びたのです。」

 「以来、外の世界とは行き来せずに貧しくとも花に囲ま

れ、子どもたちには武術や礼儀、学問を教え、静かに笑顔

くらしているのです。」

 時は流れ、今…。西米良村の菊池一族が暮らした小川の

後には、山城や茅葺の小屋が建ち、春にはたくさんの山菜

が採れ、花が咲き、秋には柿や柚子の実がなり、住んでい

る人はみんな明るく笑顔で元気に暮らしています。

 わたしたちは、菊池の精神を大切にし、この小川の里を

『令和の桃源郷』と言っているのです。

​と申すカッチン。

ロゴ 透過.png

― 令和の桃源郷 おがわ作小屋村 ―

〒881-1302

宮崎県児湯郡西米良村大字小川254番地

TEL&FAX 0983-37-1240

​定休日 : 毎月 第4水曜日